薄毛のメカニズム

薄毛のメカニズムを考えていきましょう。
現在はAGAと呼ばれています。
つまり、男性型脱毛症です。
薄毛の原因は遺伝のみではありません。
一族が全員薄毛だとしていても、対策をおこなっていれば薄毛に悩む可能性は低くなります。
もちろん、薬もありますので、薬を使用することで、薄毛を改善させることも可能です。
遺伝以外の薄毛の原因は、生活習慣です。

暴飲暴食、偏った栄養バランス、睡眠不足、喫煙、ストレス。
これらが薄毛の原因として上げられます。
髪の毛とはつまりタンパク質の塊です。
タンパク質を摂取しなければ女性でも髪の毛は傷んできますし、薄毛にもなります。
妊娠中に薄毛になったりする女性もいますが、栄養不足が原因です。
次に、バランスよく栄養を摂ったとしても、髪の毛へその栄養を与え得る道がなかったら髪の毛は次第に栄養不足になります。
栄養を与える道とは血液です。

喫煙をするとこの血液が流れる血管が細くなりますし、毛細血管は潰れてしまいます。
喫煙は百害あって一利なしといわれますが、薄毛に悩むのであれば、タバコはすぐに止めるべきものです。
次にストレスですが、ストレスによって体のバランスが崩れていきます。
ストレスによって円形脱毛症になる方もいますので、ストレスを溜めないのが一番です。

しかし、ストレスを溜めるなというのは、現代社会において不可能です。
何をしてもしなくてもストレスが溜まります。
それを解消させる手段が睡眠です。
睡眠不足は健康と薄毛問題の大敵です。
今回は、薄毛についてみていきましょう。

Copyright © 2014 薄毛の悩みを植毛で解決! All Rights Reserved.